治療院紹介メインイメージ

beautyコラム&美養事例紹介

【肝】タイプのなぜ?と改善法(ディープver.)

こんにちは(ノ´∀`*)

前前回、【肝】のお顔・お身体の症状についてお話致しました。今日は解説と改善策についてです。

【肝】のトラブルはよくおこりうることなので、今回はちょっとまじめにディープにお伝えしますので頑張ってついてきて下さいねm(_ _)m

 

【肝】のトラブルはどうしてでるの?

肝臓は、血液を蓄えるとともに、血液を解毒し、栄養を与える臓器です。

西洋と東洋で【肝臓】と【肝】はちょっと意味合いが違いますがそれぞれ解説していきます!

 

[ポイント①血液を蓄えることへのトラブル]

また、東洋医学では、【肝】は【目】の機能をつかさどるとされています。

何かトラブルが起きて、肝血(かんけつ)という肝臓によって蓄えられた血に障害が出て、目のトラブル視力が低下します。

加えて、精神的なストレスは肝臓の負担を増やします。強い緊張により鼻血が出たり、目が充血したりもしますね。

また寝付きが悪くなったり、集中できずイライラしたり、女性では月経前症候群(PMS)などの精神的な不調もともないます。

 

[ポイント②血液の解毒へのトラブル]

また、東洋医学では、【肝】は【青色】とされています。

血液の浄化作用に障害があると静脈が浮き上がったり筋肉がかたくこわばる爪が栄養できず薄くなりやすくなります。

また、更に進行すると、血液は汚れをとりきれずに黒ずみを増し、流れも悪くなります。そうすると肌が【青】【青黒く】なります。アトピー肌の方の症状のひとつです。

 

[ポイント③栄養機能へのトラブル]

また、東洋医学では、【肝】は【脾(胃腸)】と相剋関係にあるとされています。

肝の緊張が続くと胃腸が抑制され、食欲に異常をきたします。そして下痢や便秘を繰り返したりします。

過敏性腸症候群もこれが疑われます。

 

ただし、この3つのポイントで大切なことは、必ずしも血液検査の数値ではっきりと異常!と診断されなくともでてくるということです。ここが東洋医学のミソなのです(*_*)

 

【肝】のトラブルはどうやって改善すればいいの?

 

肝深呼吸

 

 

 

 

 

[ポイント①Relax]

また、東洋医学では、【肝】は【ストレスを受け止める臓器】とされています。イライラしたりすると胃腸にも影響がでます!

“怒り”“緊張”を感じたら、胸を少し広げた態勢でゆっくり深呼吸をしてみてください。

アンガーマネージメントなどでも使われるテです。

あとはとにかく“そのコトにとらわれない”ことです。気を紛らわす手段てお持ちですか?

やけ食いはあまりおすすめしませんが、何か一つご自分でキリフダはご用意しておいたほうがベターですよ。

私の場合は、やけ食いと言いたいところですが、人に迷惑をかけないところで大声を出す、その場でダッシュ、ジムで運動、ガールズトークなどですね(^_-)

女性は感情のコントロールの際、“涙”を流す生き物です。思いっきり泣ける映画を見るとか、涙がちょちょぎれるほどバカ笑いするとかもスーッとしますよ。

また、睡眠も超大事です。遅くとも23時には寝られるように。

大人になっても成長ホルモンはでています。体力と気力の回復のため、良質な睡眠をとりましょう☆

 

[ポイント②造血作用をパワーアップする食べ物をとる]

肝臓が正常に働けるよう血液を増やすことが大切です。

【肝】が弱い人は造血力の高いにんじん・ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、ひじき、レバー、はまぐり・しじみがいいです。私のオススメはひ・じ・き!です。いま挙げたほとんどの食材を全部一緒に煮物にすればOK!

作りおきで保存もできるし、お弁当のおかずにも、飽きたらご飯と混ぜてひじきご飯にもなるし(ノ´∀`*)

あとプラスするとすれば“酸味”です。

【肝】の働きを正常にし、体の疲れを取りイライラを和らげ眠りを深くしてくれますよ♪

 

 

[ポイント③環境への対応

また、東洋医学では、【肝】は【春】に影響しやすい関係にあるとされています。

自然エネルギーが高まる春は身体もたかぶります。

出会いと別れ、新生活など大きなストレスにさらされやすい時期でもあります。春にかかわらず、人の出入り

や環境の変化は【肝】への負担が大きいのでムリをせず、気持ちにゆとりをもって生活したいものです。

 

 

長文になりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。

目も疲れたことと思います。これまで上げたことを参考にしていただき、あなたの【肝】をやしなってあげてくださいね!

 

美養鍼灸師 長谷川 かおり

 

 

美容鍼でエイジングケア 肌も髪もトータルビューティー (春日井市 30代女性 会社員)

こんにちは!

今回は美養鍼の事例を投稿させていただきます☆

*この画像は許可を頂いて掲載しております。

 

初回は女性の不調コースからスタートされ、

その後、中医美養コースを受けていただいているクライアント様です。

 

お顔のメニューのご来院6回目の変化です。

竹内 陽子さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この変化、すごくないですか?

正直、比較してみてビックリしました。

元々小顔のお方ですが、頭を含めてまるっと小さくシュッとなられ、血流が改善されほんのりピンクなお顔に\(^o^)/

*顔色、画像加工していません!

 

試してみたい方はsyna×care×beauty へお急ぎ下さい!

 

美養鍼灸師 長谷川 かおり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【肝】タイプの顔&症状チェック

こんにちは(^_-)-☆

今日は東洋医学からみたタイプ別症状チェックです!Tryしてみてください。

パグ

◎顔のチェック

  1. 顔が青黒い
  2. 顔に青筋がでている
  3. 目の周りにしみがある
  4. 鼻血が出やすい
  5. 目が疲れている、視力が低下している
  6. 涙が出やすい
  7. 白目が黄色いor赤い
  8. 舌の裏の静脈がむっくりふくれている

 

◎自覚症状チェック

  1. すぐイライラして怒る・泣いてしまうなど感情が高ぶりやすい
  2. 女性の場合、月経前にトラブルがでる
  3. 寝つきが悪い
  4. 眠りが浅く、よく夢を見る
  5. 食欲にムラがある
  6. 便秘と下痢を繰り返す
  7. 目が疲れる、視力が低下した
  8. よく足がつる、肩がこるなど筋肉がこわばる
  9. 爪がかけやすい

いくつ当てはまりましたか?

全部!という方は早急に対応が必要です。

半分くらいという方は早めにご相談ください!

数個という方、安心できませんよ!その症状いつからですか?何ヶ月も前からならちょっと要注意かも。慢性というやつでごまかしてはいけません。

 

次回【肝】のトラブルのある方へ 自分でできる対処法を教えちゃいます( *´艸`)

美養鍼灸師 長谷川 かおり

ブライダルビューティーに携わらせていただきました!

こんにちは(*´∀`*)きょうはとてもHappyなご報告があります!

女性のライフステージの中でも超Bigイベントであるブライダル☆

そんなかけがえのない大切な日を迎えられるクライアント様のブライダル美養鍼をさせていただきました!!

大野 愛子さんブライダル写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう説明する必要はありませんね。

超絶お綺麗(ノ´∀`*)まばゆいばかりの発光Happyオーラを放っていらっしゃいます☆彡

 

人生の大事な日の【美】を任せていただいたことに大感謝です(*ノェノ)

そして、もうすぐジューン・ブライドです。

誰よりも内側から輝く花嫁さんを目指すあなたへsyna×care×beautyがパワーをプレゼントします。

 

美養鍼灸師 Hasegawa Kaori

腸内フローラを悪の道から戻すには

こんにちは!

 

今回は、

『腸内フローラを悪の道から戻すには』

です。

腸内フローラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回ダークサイドまっしぐらだと思われた方へ、良い方へチェンジするための方法。

当たり前のことですが、悪玉菌は

  • 不規則な生活
  • ストレス
  • 運動不足
  • 肉中心の食事
  • 甘い物の食べ過ぎ

が大好き!

 

ということは、このをすればチェンジできるということ☆

 

悪玉菌を増やすか善玉菌を増やすかは、あなた次第(>ω<)

 

 

最近、オナラや便がクサイという人は要注意。

悪玉菌が優勢になっている証拠ですよ~。

生まれて間もない赤ちゃんの腸には、悪玉菌はいません。だから、赤ちゃんのウンチはくさくないのです。

外も内も美しくあるためには、腸もキレイであることが超大事なんです(*´∀`*)

 

自分のチカラだけじゃムリ~という方、syna×care×beautyへご相談ください♪

一緒に悪の道から抜け出しましょう!!

美養鍼灸師 長谷川 かおり

美容鍼でエイジングケア 肌も髪もトータルビューティー (名古屋市千種区 40代女性 自営業)

こんにちは!

今回は美養鍼の事例を投稿させていただきます☆

*この画像は許可を頂いて掲載しております。

 

この日はsyna×care×beautyへ初めてご来院下さり、しかも美養鍼も初めて!というクライアント様です。

【注目ポイント】

①左上のお写真と右上のお写真では、お顔がグッと引き締まったのがわかりますね 🙂

②左下のお写真と右下のお写真では肌トーンが2トーン程明るくなっていることがよ~くわかります 😉

 

美肌モード・明るさ加工等していません!

2016年5月13日 神原 梅代様B40初回変化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトのお顔は立体的なので、変化が出てもなかなか写真で表しきれないこともあります。

ですが…

初めての方で1回めでこの効果は私が言うのも何ですが、スゴイと思います!

 

是非あなたもsyna×care×beautyの美養鍼を体験してみてくださいね♪

そんなに怖くないですよぅ。

 

美養鍼灸師 長谷川 かおり

腸の不調、便秘のせいで肌荒れ編

前回《腸の不調》の続編です。

【便秘のせいで肌荒れ編】

benpi

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な若い女性48名で排便状況を調査したところ、

排便日数が週に4日以下の便秘チームvsするり快調チームに分けて比較した結果、

驚きの事実がっっ  😯 

 

なんと・・・

 

便秘チームには、

 

血中腐敗産物のインドキシル硫酸などが高いことがわかったそうです!!

 

血中腐敗産物が多いとどうなるかというと、

腸内フローラ(腸内細菌のあつまり)がダークサイドに堕ち、

悪玉菌となり腸内という宇宙の中で暴れ回ります 😈

 

そして悪玉菌が作った腐敗産物が体内に吸収され、皮膚の機能にダメージを与えます。

 

こんなストーリーがあったとは。

 

次回は腸内フローラの逆襲です(笑)

もとい、腸内フローラを悪の道から良い方へ戻すにはです。

 

美養鍼灸師 ハセガワ かおり

 

腸の不調…それだけで済むと思いますか?

こんにちは 😛 暑くなってきましたが、ホットからアイスコーヒーにしてみた方増えてきましたね。

 

お腹の調子どうですか?

 

今日はかなり挑戦的ですが、どうしても知ってもらいたい《腸》のはなしです。

腸

 

 

 

 

新生活や新年度の取り組みなどがスタートし、GWを過ぎそろそろ疲れがピークにきていませんか?

ストレス不規則な生活により、便秘過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)で悩む人が増えています!

過敏性腸症候群とは、腸に炎症やポリープなどないのに、慢性的に腹痛を伴う下痢や便秘が起こる病気です。

 

そして、腸の不調と同時にやってくる肌荒れ

これは、便秘の人とそうでない人を比較すると、

便秘の人の方の角質層の水分量がそうでない人よりも少ないというデータがでているんです。

つまり、肌がごわついたり、ガサガサになりやすいということです 🙁

 

でました、腸からの弊害 😈

このままではいいわけないですよね?!

 

次回は原因と対策です。

ぜひメモのご用意を。

 

美養鍼灸師 ハセガワ カオリ

 

『糖化』にハドメ!!

こんにちは(*´ω`*)

今日は前回反響をよんだ

『糖化』の続編!!

どんどん進行する『糖化』どうしたらいいの?!

 

正直に言います。

 

 

残念ながら、一度『糖化』したタンパク質をもとに戻すことはできません!

つまり、一度ついてしまった

しわ・たるみ、茶色いシミは消えません。もう昔のようには戻らないということ。

それらがいきなりなくなるというのは通常の場合ありえません。(何らかの処置が施された場合は別ですが。)

 

策としては

 

《糖化を予防》することです。

予防策はこの5つ☆

  1. GI値の低い食品を選ぶ(下の写真をチェック)
  2. 砂糖を控える
  3. 油を控える
  4. 加熱し過ぎない
  5. バランスのいい食事

GI食品

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごいストイックにやる必要はないと思いますが、どっちか選ぶ場合、参考にしてみてください。

 

しわ・たるみ・茶色いシミに関しては完全に取り去ることはムリですが、目立ちにくくすることはシナケアビューティでお力になれることもあると思いますので、ぜひお気軽にご相談下さいね。

 

syna×care×beauty 美養鍼灸師 長谷川 かおり

 

 

糖化ってご存知かしら?

甘いもの大~好き!!

スウィーツって気分上がりますよね(*´ω`*)

でも実は、糖分には甘~いワナがあるんです!!

detail-whipped-cream

“糖質の取りすぎは肌のくすみ・しわ・たるみの原因になることをご存じですか?”

糖質を取りすぎて代謝しきれなかったは、タンパク質と結びついて、変性したタンパク質にチェンジします。

この流れを『糖化』と呼びます。

 

 

Q.『糖化』したら何がいけないの?

A.食パンをトースターで焼くと、焦げた部分ができますよね。

その焦げた部分て、元の白いふわふわに戻りますか?____答えは、NO.ですよね。

 

お肌でも同じことが言えるんです。

いったん『糖化』してしまった細胞ちゃんは、元に戻りません。

タンパク質でできている、コラーゲン繊維やエラスチンは硬化し、弾力を失い、柔軟性もダウン↓。

皮膚はたるみ・しわができ、肌質もごわつきます。

そして、さらに悪いことに、『糖化』の最終産物にAGEsがあり、これは【褐色化】する特徴があります!白いコラーゲン繊維が茶色から黄色に変色し、くすませます。

 

えらいことになります。

しかし、現実は私たちの肌にも起こっています。

お手入れしてるのに取れない肌のしわ・たるみ・くすみ・ごわつきは、『糖化』のサインかも。

じゃあ、どうしたらいいの?!

 

続きはまた次回…

 

美養鍼灸師 長谷川 かおり